Top
<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
湖と丘のある街



こんにちは。
花火もおわってなんだか静かな尾道です。
みなさま いかがおすごしですか。

せんきょCAMP尾道の特典は 8月20日までやっております。
どうぞ精算時にお申し出くださいませ!


さて、それでは今日も旅の続きを。


e0123704_152592.jpg


次の日、国境を越えてペルーからボリビアに入り、国境近くのコパカバーナという小さな街へ到着。
バスが停まったところから宿までは全部登り坂。
この高度で数百メートルのその道のりは、
とてもとても苦しくて、しょっちゅう休みながらやっとのことで宿に。

e0123704_15231565.jpg


散歩に出てもやっぱりしんどくてあんまりうろうろできないのでついに高山病の薬を飲むことにした。「飲むと手足がしびれるんですけどね」と同じ宿の子が言っていたので、
大丈夫かな・・・と不安に思いつつ飲んでみたら、苦しかったのがすうっと楽になって
普通に町歩きができるようになりました。
たしかに手先がちょっとしびれたかんじがあったものの。。


e0123704_15232275.jpg


薬を飲んで元気にはなったけど、長時間歩かないと行けない太陽の島(名前からしてそそられる・・)
へ行くのはあきらめ、次の日は近くの丘に登ってみることにした。
宿からも見えるぴょこんと高い丘の上にはなにかほこらのようなものが下からも見えていた。
聞いた話によると南米は、それぞれの街にある一番高い山がキリスト教の聖地とされていて、
みんな巡礼にそこへ登るのだそうです。
修行(苦行)として靴に石をいれて登ったりもするとか。
普通に登るだけでもかなりしんどかったのに、石を入れて登るなんて。
考えただけで いたたたた・・・


e0123704_1525214.jpg


なかなか急な上り道。
ゆっくりゆっくり登って一時間くらい。


e0123704_1523268.jpg


頂上からの眺め

e0123704_15232985.jpg


頂上のほこら 


e0123704_15233299.jpg


頂上でおみやげものを売っていたおばちゃん


e0123704_15233593.jpg



ペルー・ボリビアは行った時期がちょうどカルナバルという水かけ祭りの時で
街では子供たちが水鉄砲をもってけっこう本気で水のかけあいこをしていました。
かわいいかんじでちょっとやるかんじではなくて、けんかになりそうなくらいの掛け合い。。
建物の上から水風船を思いっきり観光客にぶつけたりもしていて、
ぶつけられた人が本気で怒っているのもよく見かけました。
街を歩くのも建物の上の階から狙われてないか注意しながらヒヤヒヤです。

とはいえ、コパカバーナはゆっくりするのにちょうどよい大きさの街で
市場にいったり、湖を見てぼーっとしたり、特にすることはないけど、
ただただ気持ちのよい景色にひたれる居心地のいい街でした。


e0123704_1524641.jpg

[PR]
by monolom | 2013-07-23 16:49 | travel | Comments(0)
今週末は投票日!

e0123704_1464380.jpg


こんにちは
スコール続きで東南アジアのようなお天気が続きます
みなさまいかがおすごしですか


さて、今週末は投票日。
今回もmonolom:はせんきょCAMP尾道に参加してます。
21日は投票行ってきたよとお申し出いただくと
ちょっといいことがありますよ。

せんきょCAMPに参加しているお店は他にも

れいこう堂 / チャイサロンドラゴン/ 56cafe / bar / ケンダマロックカフェ/
Cafe 風琴 / ふっとま〜く / Latte heart cafe / カサリンガ・ドゥターブル/
/ 香味喫茶ハライソ / 佐原モータース / Vamo la! hair / 佳扇 / OYE COMO VA/
喰海 / 空間あいまい / リトルウイング珈琲 

などなど
前回よりもたくさん!
投票にいっていろんなお店でいろんな特典をもらってください。



店主は明日おやすみなので、期日前投票に行ってきます!
[PR]
by monolom | 2013-07-16 14:24 | news | Comments(0)
空へ近づく

それでは今日も旅の続きを。





次の日の早朝、
お世話になったアレキパの宿のみんなに別れを告げ、
チチカカ湖西岸の街プーノに向かった。


e0123704_17191284.jpg


アレキパからプーノまではバスで6時間ほど。
漫画に出てきそうな絵に描いたような山道をバスはくねくね登って行く。
お日さまも雲もどんどん近くなってきて陰がくっきりとしてきた。
緑いっぱいの景色の中、空に近づいていく感覚はとても崇高でなぜか少しだけ緊張していた。

e0123704_18264653.jpg



高山病予防のため水をちょこちょこ飲んでいたものの、
脳に酸素があんまり回っていないのか、
頭に雲がかかったようにぼんやりしていてすっきりしない。
どれほど高いのかしらと調べてみると富士山よりもここの標高は高いらしい。
調子がよければそのままバスを乗り継いでボリビアに抜けるつもりだったけど、
頭痛などの高山病らしい症状は出てなかったもののあんまり調子もよくなかったので、
大事をとって一泊していくことにした。

バスターミナルはチチカカ湖に面していて、
夕方の日差しできらきらと光る大きな湖がとてもきれいだった。

ターミナルにいた宿の客引きおばちゃんのところが割と安めだったので、
そのままおばちゃんにつれられてタクシーで宿へ。
アレキパでの仕入れの荷物が増えた分、
バックパックを背負おうとするだけで重さがぐぐっと体にのしかかり、息がかなり苦しい。
プーノでは結局宿からほとんど出ることなく、
部屋にこもりっきりで早い時間から眠ってしまった。
[PR]
by monolom | 2013-07-13 18:36 | travel | Comments(0)
アレキパの町


こんにちは。
真夏日が続いております。
みなさま いかがお過ごしですか。

今日、久保の水祭りのお知らせを見かけました。
水という文字を見ただけでちょっと涼しさを感じるのが不思議です。



さてさて、
南米の旅日記、
気付けばもう4ヶ月もすぎてしまいました。。
のびのびすぎてすいません。
今日から集中して旅日記アップしていきます。


今日は体調不良が回復してからのアレキパです。


やっとまともに外をうろうろできるくらいまで体調が回復。
予定外にここで時間を使ってしまったので、
この日はスケジュールの組み直しをして、
次の町、プーノまでのバスチケットを買いにいってから一日中町歩きをした。


e0123704_13571578.jpg




アレキパの旧市街は、白い壁が続く雰囲気のある町並み。
町並みは古いものの、新しめのお店が立ち並ぶ一角にはスターバックスがあったり
普通に現代的なお洋服のお店もあったり。
少しはずれると雰囲気のある酒屋さんもあったけどかなり小綺麗なかんじ。


e0123704_146490.jpg


そんな町並みを一日中歩き回った。
次の日には朝一でプーノに向かうので、
この日でアレキパはほぼ回り尽くさないといけない。
ここでちょっとくらい仕入れもしとかないと・・・と焦りながら町を徘徊した。

昼前から夜暗くなるまで、夕方からは雨も降ってきて、うろうろ町を歩き回って、
雨で濡れそぼりながら、ぐったりして宿に。


サンドラのおいしいごはんが待ってる・・・と思って宿に帰ってみたら、
お昼に宿のみんなで食べにいったセビッチェ(ペルーの名物料理で魚介類のマリネ)
にあたった子がでたらしく、これまた閉まる間際の病院へ
急げ急げの大騒動だった模様。

最後までにぎやかな楽しい宿なのでした。


e0123704_13571985.jpg


次の日はついに標高3850mの町へ移動。
高山病になりませんように。
[PR]
by monolom | 2013-07-12 15:05 | travel | Comments(0)
Bolivia Pierce

こんにちは。
梅雨もあけて、
一気に真夏の日差しになりましたね。

みなさま いかがお過ごしですか。

今日の写真はこちら


e0123704_13151125.jpg


ボリビアの石とシルバーのピアス
ターコイズはきれいな緑っぽいの青。
リャマと人のピアスもかわいくておすすめです。



季節のお洋服、引き続きお買い得です・・・!
[PR]
by monolom | 2013-07-09 13:21 | accessories | Comments(0)
Sale!


e0123704_11463817.jpg



季節のお洋服・バッグなどお買い得になりました。
(一部除外品もあります)

尾道にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。
今日は夜店もありますよ!
[PR]
by monolom | 2013-07-06 11:47 | news | Comments(0)
7月のおやすみ

e0123704_12504674.jpg


7月は通常とおり
水曜日と第1・3木曜日がおやすみです。

CLOSE
3(水)/ 4(木) / 10(水) / 17(水) / 18(木) / 24(水) / 31(水)

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by monolom | 2013-07-01 12:51 | おやすみカレンダー | Comments(0)